作成者別アーカイブ: seven-hircine

ゆっくり本を読んでみた

こんにちは、更新が少なくなってしまい駄目ですね(>ω<)

私の住んでいる近畿地方は梅雨入りが、例年より遅かったためか梅雨明け宣言がまだ聞こえません。
いつもなら、祇園祭の前祭宵山(宵々山)位には、明けていたイメージがあります。

今年の京都は雨や曇の日も多かったですが、前述の行事は良いお天気の中、たくさんの観光の方で賑わったみたいです。
私はテレビの中継で見ていましたww

最近読んだ本です↓
   
     


お仕事のお知らせです☆ミ

ご紹介が遅くなりましたが、イラストを担当させて頂きましたナルニア国物語が、学研出版様から発売されました!(ノ゚ー゚)ノ☆パチパチ☆ヾ(゚ー゚ヾ)
書店様やネットでお見かけの際は、是非お手にとって頂いたりクリックして買い物かごへ入れたりして頂ければ嬉しいですww

hyoushi

以下内容です。

子どもたちが洋服ダンスに入ると、向こう側には別世界のナルニア国が広がっていました。

壮大な冒険が始まり、やがてライオンのアスランとともに、魔女と戦うことに――!

さくさく読める世界名作シリーズ第25弾。

※学研出版様HPから引用です。

 

読みやすく物語を紹介してくれる、その名も「物語ナビ」
しょうかい

ものがたり

 

 

挿絵の紹介です。挿絵は全てフルカラーで読みやすくなっています。
挿絵

自身のお子様やお友達のお子様、お孫様への贈り物にも最適ですよ!(*^ω^*)


お仕事のお知らせです☆ミ

先日、お仕事させて頂きました学研プラス様から動物と話せる少女リリアーネ はじめてのものがたりシリーズ第二弾の「しあわせの黒いねこ」が発売になりました☆ミ(゚∀゚ノノ゙パチパチパチパチ.

hyoushi

 

表紙はとてもかわいいリリを描いておられる駒形さんです(*^ω^*)
私は前回と変わらず、挿絵などを描かせて頂いております。書店でお見かけの際は、是非お手にとって頂ければ幸いです。d(ゝ∀・*)ネッ!!

小学1年生から3年生位のお子様向けとなっていますが、もう少し低年齢のお子様にも楽しんで頂けそうです!
また年上のお子様でも、ついつい本棚のコレクションに迎え入れたくなる一冊となっています(>ω<)

 

以下、出版社様からのコメントと挿絵の一部です↓

shoukaishoukai1
☆出版社からのコメント☆

リリアーネのひみつ、それは……
☆動物と話せること
☆笑うと植物を元気にできること

リリアーネは、この人とはちがう自分の能力を、ずっと短所だと思っていました。
けれど、人や動物たちと出会い、いっしょに困難にたちむかううちに、これは自分にしかない大事な個性・長所だと気付き、成長していきます。
そして登場人物や動物たちを通して、さまざまな価値観や生き方がえがかれています。

「動物と話せる少女リリアーネ」シリーズは、個性のありかたや、多様性が考えられている、今の時代を生きる子ども達にぴったりの物語です。

最近読んだ本です↓